中古車査定のテクニック|あなたもこれで車転売士

自動車査定では査定士さんの主観も影響してきます

自動車の査定をしてくれるのが査定士さんです。

この査定士さんなのですけれども、中古車査定制度というのが
あるのですが、それに定められた中古車査定をする事が
出来る資格を持った人になります。
査定士さんは、小型車査定士、
そして、大型車査定士の二種類が存在しています。

 

この査定士さんの受験を受ける為には条件があります。

 

まず、運転免許証を所持していなければなりません。
そして、自動車の販売や、あるいは整備経験が半年以上無ければならないのです。
そして、三日間の所定の研修を、修了しなければ受験をする事さえ出来無い

のです。

 

査定士さんはどのように査定額を算出するのかというと、状態を見て、査定額を出していくのです。
査定士さんは基準にそってその自動車の査定をして行くのですが、
実は、査定士さんの主観も関係して来るのです。

 

どういう事かというと、査定士さんがその自動車を見た時の印象だけでは無く、
査定を依頼して来たユーザーさんの評価等も関係して来るのです。
これは、査定士さん次第という部分があるのではないでしょうか。

 

だからこそ、査定を受ける前には掃除をしなければならないと言われているのです。
そして、査定士さんを恫喝するような事はしてはいけません。
そんな事をしても、まず買取額は高くはならないのではないでしょうか。

 

 

 

だからこそ査定額をアップさせたいと思ったのならば、
査定士さんと良い人間関係を作り上げなければならないのです。
短い時間で難しいかもしれませんが、
それだけでも、評価は変わって来るのは間違いありません。


車買取の最終段階は、もちろん顧客に対する振込になります。この振込は、当然ですが車買取の手続きでは一番大事です。車買取の最終目的は、車の売却をする事だからです。

 

ところでその振込時には、必ず確認をしておくべき点があります。「具体的には何月何日に入金されるか」と「査定金額通りになるか否か」です。その2点は、万全を期して確認しておくべきなのです。

 

ではなぜ万全を期す必要があるかというと、以前はちょっと悪い業者があったらしいのです。お金が振り込まれる段階になって「査定時と話が違う」というケースがあったそうなのです。

 

例えばAさんという方が、車買取の業者に査定を依頼して買取が成立したとしましょう。そして、もちろん後日になってお金は振り込まれました。ところが振り込まれた金額は、査定時よりも少なかったそうなのです。

 

おかしいと思って、Aさんは車買取の業者に連絡しました。すると車の不具合が発見されたので、それを差し引いた分を入金したと言われたそうなのです。

 

この事例の場合、業者に非があります。なぜなら査定時に提示時よりも少なく支払うならば、振り込む前に顧客に伝えるべきだからです。無断で少ない金額を振り込むのは、やはり業者に問題があります。

 

シエンタの買取、査定で損せず満足のいく査定額を引き出すには
このような業者は、現在ではだいぶ淘汰されたと言われています。以前はそのような業者があった訳ですね。
ですので車買取の最終的な段階では、念には念を入れて「査定金額と変わらないのか」という点や「何月何日に入金されるのか」などは確認しておいた方が良いでしょう。以前より悪い業者は減っていると思いますが、やはり一番大事なお金の話です。そこは万全に確認しておく方が無難だと私は思います。

続きを読む≫ 2014/09/13 02:34:13

人々のほとんどは、自動車の査定を昼間の時間帯に行っていると思います。現に自動車の査定を行っている業者の営業時間も、大抵は昼間の時間帯だからです。

 

ところが、中には例外のお店もあります。この間私が知ったある車買取のお店の場合、深夜の時間帯でも査定を行ってくれるそうなのです。そして恐らく世間では、「深夜の時間帯に査定を行って欲しい」との需要は多いと思います。

 

その理由ですが、昼間の時間帯にお忙しいサラリーマンです。昼間は忙しい訳ですから、なかなか査定を依頼するのも難しいと思うのです。

 

昼間の時間帯に車買取の実店舗に行くのは困難ですし、出張査定にしても昼間になりますので困難だと思います。そのような方にとっては、上記のお店による深夜の時間帯の査定はなかなか良いと思います。ちなみにそのお店の場合、深夜の時間帯に査定士の方が待機してくれているそうなのですが。

 

ところが、実はそのお店の場合は深夜の時間帯の査定をあまりお勧めしていません。なぜかというと、やはり夜間の時間帯は査定がしづらいからだと思うのです。

 

深夜の時間帯であれば、当然暗いものです。あまり視界が良くありませんので、査定が効率的に進まないと思うのです。どうしても査定には時間がかかってしまう事でしょう。

 

また視界が悪いと、査定金額が高めになるケースも多いです。雨の日などは視界が悪いので査定金額が普段よりも高めになる事も多いと言われているのですが。

 

ですので、理想を言えばやはり昼間の明るい時間帯に査定を依頼するのがベストだと思います。それも極力晴れの日に査定を依頼するのが良いと思うのですが。
MINI 買取

 

サラリーマンの方々でしたら、恐らく平日に査定を依頼するのが困難だと思います。そのため休日などを用いて、なるべく昼間の時間帯にそれを依頼するのが良いと思います。

続きを読む≫ 2014/09/12 17:24:12

車に付いてしまっている傷は、多くの方々の懸念要素の1つだと思います。

 

そもそも車買取では、傷は見られる事になるからです。傷が付いてしまっている車の買取金額は15万円ですが、傷がない車の場合は18万円などの具合です。少なからず影響を及ぼす訳ですから、やはり気になるのが当然だと思います。

 

ところでその傷にも、程度というものがあります。ほんのかすり傷程度というものもあれば、かなり大掛かりな傷が付いてしまっている事もあります。ここでポイントなのは、小さな傷ならばあまり問題にされないという点です。現に車の買取業者によっては、ほんの小さな傷であれば査定金額には影響がないと明示をしている場合があります。

 

では小さな傷というのはどの程度を指すかというと、「自力で直せるか」否かです。

 

例えば車の擦り傷を直すツールの1つに、コンパウンドというものが有ります。あれを車に利用すれば、擦り傷程度は治ってしまうのです。という事はその程度の傷であれば、車の利用者が自力で直せる程度なのです。

 

つまり一般個人が自力で直せるくらいの傷でしたら、車査定の金額にはさして影響を及ぼさない訳ですね。
ただし車の修理が必要な傷であれば、話は別です。修理業者でないと手に負えないのですから、車買取の業者としては修理を依頼しなければなりません。

 

となるとその修理代が差し引かれるので、上記の15万円のようになる訳です。このように車に付いている傷は、程度によってマイナスになるものとならないものがある訳です。

 

ちなみに車買取を依頼する時には、修理に出さないのがセオリーです。修理費の方が高く付く事が多いからです。ですので車に傷が付いている時は治そうと試みるのではなく、車買取の業者にそのまま提示するのが良いと思います。
ミラ 買取

続きを読む≫ 2014/09/12 15:11:12